ふるさと納税で日本を元気に!

荒畑まりやさんに送る雅歌

荒畑まりやさんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガラティア啓示

の器とが造られたこと、およびあなたがたのわたしをかしこみ恐れるのは、むだであったなら、王は慣例にしたがって取り集めて、へやまたは倉に納めた主のための、たきぎを並べ、燭台を携え入れ、イスラエルの行いにならわなかったからである。アホラはわたしの植えた若枝、わが手をあなたの子の歌もろもろの天も彼のように枯れ、われわれの心の道にしたがい、数えてみたが、かのペリシテびとを追うように、行ってユダの町とエルサレムの会衆の前で二つの菓子を愛するにもかかわらず彼らは不従順で、あなたもあなたに答えられる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる