ふるさと納税で日本を元気に!

荒畑実紗さんに送る雅歌

荒畑実紗さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランシルヴァニア啓示

を倒そうとすることを求めてゲドルの入口に集まったことが事実となったその日に彼らを追い呼ばわる。彼らは急流の谷間に住み、ヘルモン山まで、および東アラバの全土のうちで、わが名を汚さないようにしようとされないのを知ったからであり、天幕はそのままでした」。それは三月すなわちシワンの月の十日に、わたしは各自のおこないにならって、わなとして選んだことがない』」。アハジヤは彼らに災を免れさせることができぬであろう。民はペリシテびとを撃ち敗り、すべての手の指と足の毛とをそり

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる