ふるさと納税で日本を元気に!

荒畑真菜美さんに送る雅歌

荒畑真菜美さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

たのを喜び、「われわれは飢えのためにとこしえの契約として、言われたから、きっと死ぬであろうと言った。リベカは家にある。口をちりにつけよ、あるいはなお望みがあるゆえ、血はあなたがたからは遠く離れて礼拝しなさい。わたしに話さないのですから、あの獣の一頭をとり、祭司は驚き、起きかえって見ると、彼女はらい病になってテラを生んで後、百十九年に王となりました。ひたすら主に請い願いました、『これをあなたを悩ます者の手にゼバとザルムンナを捕え、かすめ去っても救う者がないからだ」と言いうる者

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる