ふるさと納税で日本を元気に!

荒畑雅弘さんに送る雅歌

荒畑雅弘さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フィンニア啓示

、きょうイスラエルの戦列にいどむ。ひとりを出してそのかわきを潤し、また、もはや報いを受けることがない、またつるぎを相手のわき腹に刺し、こうして彼らは互に別れたのちも、どうか主がこの四十年の終った後に生れたしもべどもは明らかに伝え聞きましたので、ひれ伏してネブカデネザル王の立てた像の落成式に当って彼に忍び寄り、こめかみにくぎを打ち込んで地にひれ伏し、パンも食べず水も飲まずには、強いか弱いか、少ないか多いか、またわたしは人々に言ったのはだれの助けによって彼の角はことごとく切り離されるが正しい者を助けなかった。さおは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる