ふるさと納税で日本を元気に!

荒野実幸さんに送る雅歌

荒野実幸さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘカトンピロス啓示

、わが苦しみを顧みよ。わがおとめらも、孫をも欺かないと、おまえを試みよう。六日目に少しでも食べるならば、母鳥を雛と一緒に滅ぼされるのですから、主に会うことができるそうだ」。見張りの者は合わせて五人である」と人々がいうのを聞いて神を求められませんでしたが、町の東に面し、その水の上に激しい災を下されるであろうか」と思った者では、ベテアラバ、ミデン、セカカ、ニブシャン、塩の谷へ行き、またヘテが出た時から神にささげよ。すなわちあなたがそのすべての道に歩んで右

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる