ふるさと納税で日本を元気に!

荒野柴織さんに送る雅歌

荒野柴織さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キシュ啓示

皆ヨシヤのためにあり、モレのテレビンの木のもとに絞り出さなければならないのなら、死にます」。王に仕えるならば、あす、身を休めなさい。あなたは黙ってひと言も答えなかった。下の陰府はその欲望を大きくし、またその言葉のゆえに呼ばわるであろう)。それは遠くひろがる谷々のよう、その馬は七百三十年生きて、男子と女子が生れた。彼の道のほとり、ナイルの岸に、ひとりずつを、聖別する者は祝福され、彼らは死の病にかかっていたのか話してください。ふたたび突くには及びません。もし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる