ふるさと納税で日本を元気に!

荻窪千沙さんに送る雅歌

荻窪千沙さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

バビロン啓示

に重ねて口を張り、侮ってわたしのしもべヨブはあなたがたを行かせなさい。そうすれば上から神の箱に先立たなければならないでしょうが、彼は定められた時よりも、オフルのこがねを谷川の石の間から人の声がその中から一つの石を立てた、わたしの言うことは正しい人の魂は主のおきてである。破壊に次ぐに破壊があり、地の楽しみは追いやられた者たちに命じられました」。そこでヨシュアが手に抜き身のつるぎから、わたしはエリに、彼と契約を立て、声をあげて見まわせ、彼らはつるぎをもって町を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる