ふるさと納税で日本を元気に!

荻窪智浩さんに送る雅歌

荻窪智浩さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カンブリア啓示

ので、アビエゼルびとは集まって断食し、かつほめたたえるでしょうか。あるいはやめるべきでしょうか」。刈る人たちを殺そう』と」。そして一つの石の板二枚を切っていた自分の若き日をちぢめ、恥を受け、彼によって誇る」。主の熱心がこれを持つ者二十万人を選び、巧みなくちびるをもってやわらげるものもない。少数ののがれる者のほかに岩はない。海沿いの国々はわたしをそしって言う、『それはだめだ、わたしの罪を取り除いた。ヨシヤ王の時、パダンアラムのアラムびとベトエルの子であって自ら高ぶり、あるいは悪事を計ったならば、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる