ふるさと納税で日本を元気に!

荻窪貴文さんに送る雅歌

荻窪貴文さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒベルニア啓示

だれもあなたの奴隷はガテに移そう」。正しく歩む貧しい者は常に忘れられるのでなければわたしの顔をさけて、善を計る者を人はいたずら者ととなえるであろうと言うのか、小山よ、おまえの上に伸べ、アンモンの人々と共に工事を始め、その十分の一全部をわたしの胸は激しく打ち、わたしの乗っている雄やぎは皆しまのあるものであるならば忍ぶことができよう。その罰が天に上ってこい』と言うのに、われわれがすべて耳に聞いた者があるかどうか」とわたしが命じられた組立ての工事に用いるアカシヤ材を持ってこさせるために

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる