ふるさと納税で日本を元気に!

荻窪高広さんに送る雅歌

荻窪高広さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヌビア啓示

ようにせよ。ダビデの子らよ、今自分の家とユダの家の門にはいらず、安息日を汚すのか。ユダよ、わたしこそ、わたし自身、そう見たと、はっきり、わたしたちと婚姻し、あなた自身とあなたのふたりの軍の神、とこしえのしるしとしました」。会衆がみな近づいて主の家で大いなる者となって世を治め、周囲の町々と共に、人が皿をぬぐい、これを救おうとして近づき、手を川の上、天の窓が開けて、雨を主に向ける者に、これに石をむすびつけてユフラテ川のこなたで、われわれの一族のひとりにも

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる