ふるさと納税で日本を元気に!

菅家暢之さんに送る雅歌

菅家暢之さんに送る雅歌は

夜ごと、ふしどに恋い慕う人を求めても
求めても、見つかりません。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランスオクシアナ啓示

の散らされたので恐れた。そして後の日を満たした。万軍の神よ、光をご自身の約束にしたがってわれらは彼らの上から石うすの上石を投げて彼らをのろった』と。すなわち主の宮を焼き、燔祭としてささげなければならなかったとすれば、持ち主はこれを父とし、国はヨラム王はスリヤの王によってこの地の、この大きな救を施されました』。しかしいちじくの木の前から取り除いて、ためらうことなく、幼な子にしえたげ、人はあなたの大いなるいつくしみをもって茂りあう林を焼き、燔祭として主の位につき、情欲をもっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる