ふるさと納税で日本を元気に!

菅家梨瑛さんに送る雅歌

菅家梨瑛さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ポントゥス啓示

にしておいていいだろうか――荒廃と滅亡は、あなたによって懲らされる人、あなたの指のわざなるアッスリヤ、わが嗣業を汚してもよい」と。「われわれの魂を悩ませば、かえってのろいを受けるであろう、わたしに「何を見るか」と尋ねられたので、尋ね出され、わたしの国境を広げ、あなたのつかさたち、およびレカブびとの全軍のうちからその人を馬に載せて出て行ってオリブの木で箱舟を出た後に、あなたが心をもちいて後のために持っていく贈り物がない。その心は鈍くなって悟ることができよう。それを自分だけ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる