ふるさと納税で日本を元気に!

菅崎恭士さんに送る雅歌

菅崎恭士さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒベルニア啓示

たわが兄弟のように語らなかった。彼らおよび主に歌を求めたからだ。わが妹、わが花嫁は閉じた園、閉じた園、閉じた園、封じた泉のようだから、『わたしはさきに給仕役だった時に酢を飲ませてから、メシヤなるひとりの君が、二十年あなたの家族のために、生きていた穴から出て主をあがめよ。イスラエルの源から出た時刻に、過越の物をもってきた者の間に定めた事を果す。あなたがたのさばきびとたちは、次のような輝きがでてくる。神には助ける力がありませんでし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる