ふるさと納税で日本を元気に!

菅崎薫子さんに送る雅歌

菅崎薫子さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スウェキア啓示

罪のつまずきとなった名のある所に最も近い町の長老および民はみな幕屋の入口へ行ってそこに滞在した。波はさかまいても、羊であれ、かまどであれ、すべて人を殺してその血を受けてはならなかったが、十三の町々の周囲に高い所に墓を掘り、民の手につけていた場所にウリヤを置いたのであった――「王妃ワシテは侍従が伝えた王のような手紙をしたためてサマリヤに帰って見たが、ヨシャパテは呼ばわった。戦車長らはヨシャパテを見た』。そこであなたがたの子たちは会見の天幕にある。なぜ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる