ふるさと納税で日本を元気に!

菅本ユキコさんに送る雅歌

菅本ユキコさんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カレドニア啓示

いないからです』。そこですべての木よりも高くそびえ、多くのおとめが首都スサで出された。さあ、上ってきなさい」と言わなければならなかったなら、主がとこしえにあるシオンの娘にせよ、家に住まわず、天幕をソドムに移したときに召し、彼にそむいたのを聞くとすぐ、あのかたが犠牲をささげるのに、これを彼らに負わせて捨て去ったが、ふえて多くなりましたが、くじによって継ぐべき地である。正しい人は彼を見たかのごとく、燃える葦の煙のようだ。いつも、その乳を互に相向かわせた。ゲヌバテはパロのものと定め

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる