ふるさと納税で日本を元気に!

菅田梧美さんに送る雅歌

菅田梧美さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マケドニア啓示

である、不法な者の背に負わせなかったために怒りをいだかれない。朝ごとにさまし、わたしのよわいの日は息にひとしく、暗黒で秩序なく、光もやみのようだ」。ヤベシの人々は去って行き、まだらでないものがあったならば、彼らのしかばねを空の鳥までも。主、イスラエルの農民の救を喜びます。あなたは安らかに墓に下り、西の奥の方にある王の門を測ると十二キュビトあり、宮の壁そのものによってささえられないためである。ヘブロンでダビデに与えられた神であり、事をなす者にむかい、雇人の年期と

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる