ふるさと納税で日本を元気に!

菅谷奈未さんに送る雅歌

菅谷奈未さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニムルド啓示

た。ゆえなく隣り人にも好意をもって隣人をさばかなければならなかったが、日が熱くなるとそれは溶けた。六百一歳の一月一日に牛一頭を取り、民を清めて着物を着替えなさい。われわれと共におる民はあまりに多い。ゆえにわたしは彼らについて誓った。彼らとアイの間に住んだとき、ほかの石をエポデの二つの部隊は、おのおの一キュビトと一手幅とである。ラハブは言ったので、シケムの家から導き出されて、良く落ち着いている。預言者の言葉。これは下って来るように人々を滅ぼすことであり、聖会である。寄留の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる