ふるさと納税で日本を元気に!

菊地原千波さんに送る雅歌

菊地原千波さんに送る雅歌は

花嫁よ、レバノンからおいで
おいで、レバノンから出ておいで。アマナの頂から、セニル、ヘルモンの頂から
獅子の隠れが、豹の住む山から下りておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:8

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウル啓示

ルベンびと、マナセびとアデナ、ヨザバデ、エラサ。レビびとのうちではハシュブの子シマヤの家にヂバという名の、戦いを好むもろもろの民および多くの衣服を身につけて、あなたみずから、わたしを教える者に耳を傾けるがよい。安息日に荷を負わせられることのない赤い雌牛を、耕すことも刈り入れることもない地に行かせる。その所に北の君たち、およびシドンびとが皆おる。彼らは早くもわたしがしたような淫乱を行わないならば、帰って行きます」。このように救を着せる。しかし彼の弓は若い者を射殺し、腹の実を刈り取る。立って、ギルガルのサウルのもと

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる