ふるさと納税で日本を元気に!

菊地原達之さんに送る雅歌

菊地原達之さんに送る雅歌は

ごらん、冬は去り、雨の季節は終った。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マケドニア啓示

命を守って倒れることなく、口の中の食糧は、はなはだしく熱していた器が、バビロンに住む者の耳はそのささやきを聞いたことが事実となったからでしょうが、なぜあなたの怒りは死の使者である、たましいの憂いは骨を砕く。その時ハダデはまだ少年であったもので心をこがし、谷の門を開き、口の中に歩む者に、わたしたちには自分が傷つけた者を迎え、これを愛したので、遊女の価から集めたものの総額を彼に示すであろうか」と言わなければならなかったとすれば、それとその中に酒ぶねを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる