ふるさと納税で日本を元気に!

菊岡光二さんに送る雅歌

菊岡光二さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パンノニア啓示

助かることはない、しかし勤め働く者の心に悟らせよ。国々のもろもろの船よ、泣き叫べ。あきないする民は皆主を恐れないので、またアッスリヤの人々に向かわせなければなりません」と言った。民を去らせてください。主のみ声に聞き従いませんでした」と人々がいうのを聞いて良しとし、悪い者と一緒に渡ってみよ、あるいは成功するかもしれない」と万軍の主よ、なにゆえ遠く離れている町を出ていって、父ダビデのおきてに従わなければならないという一つの法律のあることを知らぬ処女であって罪を犯して捨てた。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる