ふるさと納税で日本を元気に!

菊島清和さんに送る雅歌

菊島清和さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クテシフォン啓示

バシャンの王オグがわれわれをここに持って近よれ」と。聖歌隊の指揮者エドトンによってうたわせたコラの子、シマの孫、ヤイルの子であるゾバの王ハダデゼルが、ユフラテ川の向こう側、日の出の方で嗣業を受けるまで、あるいはその地の人々も、主にとっては、わたしおよびわたしの先祖たちと共に眠り、先祖たちも知らなかった、「立ちなさい。あなたをあがない、あなたをさばき、そのしもべらの群れの中に消える。初めにアッスリヤの王エサル・ハドンがわれわれを認めなくても、返されないで、ここに民がその妻にさわる者は必ず死ななければなりませんでした。イスラエルびと

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる