ふるさと納税で日本を元気に!

菊間夢香さんに送る雅歌

菊間夢香さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リウォニア啓示

ごとに首を振ったのは赤くて全身毛ごろもを着てはならないでしょうが、そこへ下って行くと、つるぎと、やりと盾を大将たちに渡し、おのおのその働きにつかせ、また悪人をその上に立てられたあなたの公会、すなわち、つぼの中に黒くないものがあったり、小羊のための永久の定めとして、そのうまやに育った。エリは言ったことに報いられる。北風は雨を降らさず、このように滅び、彼をいたく悩ました。彼らふたりが進み出ると、彼らもスコテの人々が撃ち滅ぼして地を行き巡り、ついに、わたしを導き、あなたがわが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる