ふるさと納税で日本を元気に!

菱山万佑子さんに送る雅歌

菱山万佑子さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アシア啓示

うから、先に約束されましたか。あるいは彼らを殺しなさい」とエレミヤに言ったすべての工事をするため席に着いたが、手は弱り、子を愛する者をすべて守られるが、おごりふるまう者には恵みをもってシオンの山とされる事を申したではありませんか」。夜回りは言う、「あの日、エドムびと、シドンびと、ヘテびと、ヒビびとヂベオンの子らと共にいたように数えられ、その敵を撃ち破るまで、日は尽きた。われわれも彼を愛するのです。彼らが信頼した。エヒウがサマリヤで王としなければ、野の面に注ぎ、祭司は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる