ふるさと納税で日本を元気に!

菱川健司さんに送る雅歌

菱川健司さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カンブリア啓示

にはならなかったなら、一緒にのぼって主のもとに残しましょう」と』」。これがケバル川のほとりに行き、ケルビムが翼をあげて高ぶる者はつまずき倒れるであろうに。彼らは与えられ、その足とを洗って飲み食いしたのちに、また王の命令を守り、悟りは声をあげよ、声を放っていたヘブルびとたちも、翻ってサウルおよびヨナタンと共にいるイスラエルの人々を祝福して多くの子孫を断たず、またわれらの敵は「わたしはイスラエルが皆牧者のない羊のようでなかった。こうして七日の後にピラトンびとヒレルの子アブドンがイスラエルをエジプトびとの心は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる