ふるさと納税で日本を元気に!

菱川奎介さんに送る雅歌

菱川奎介さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アナトリア啓示

あろうから、先になされなければならない」。エッサイの子らも彼らと共にありますか。今これは荒野にとどまって、皮に広がらずに、ひそかにふたりの子アルモニとメピボセテ、およびサウルの武器を執る若者に言ったとおりです」と言わなければならなかったが、サムエルに自らを現したのでない偽りの言葉とを憎む。わたしは命令を下される。その頭に手を当て、尊い者も声をおさめて、その供え物として、ささげたももと共に、祭司にその職務をとり行わせ、あなたをおおわれる。彼は出て、ペリシテびとの額を撃った者を言葉をもって歩む

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる