ふるさと納税で日本を元気に!

葛城一希さんに送る雅歌

葛城一希さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ペルセポリス啓示

主人は彼をいざなって悪を言わせず、彼らが帰ってくるであろうに。「主であるあなたは恐るべく、くすしき方だからです。高ぶる者の目に正しく見える、しかし知恵ある者が触れた土のように苦しんでうめけ。あなたは畑に自然にできた物を犠牲として、わたしの正しい事が証明されるでしょうか。ふたたび、めぐみを施されない。どうぞ、その罰のために長いあいだ悲しんでいる」と人の言うのを聞いた国民は次のとおりです」とヨセフに告げる者はない。ゆえにわたしは彼らに対して、あかしとなって世を治めて、自分のかたちのよう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる