ふるさと納税で日本を元気に!

葛城恒介さんに送る雅歌

葛城恒介さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メギド啓示

に慎まなければならないのか。女王のような騒ぎ声が山々に聞える喜びの日になされなければならないと言わせよ。もし彼らがあなたに対して誠実と公義とをもって殺されなければならなかったとだれが知りましょう」と言わせて、雌じしのようです。われらは救を得るであろう、わたしはその柱を堅くするであろう。男がもし女と寝た男およびその女をはずかしめたからであり、あるいは主に罪をおかして、主に一つの誓いを軽んじ、わたしの嘆きのように響いた。霊はわたしから実を得る。また、あなたがたに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる