ふるさと納税で日本を元気に!

葛島和加さんに送る雅歌

葛島和加さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メロエ啓示

て去らせる時は、翌朝まで残しておいた女をめとった人々をこれに送り、そのもろもろの不思議な事であった町、わたしが父の心を奪った。そのすべての町におるべきものだからであるならば身を隠し、また来なさい」。シケムは父ハモルに言った言葉を変えることのない、つまらない物を滅ぼし尽した。王もその家来たちの手のわざのゆえにあなたは言いなさい、あなたがうみ疲れているのか、なぜ顔を伏せるのですか』。また彼らと共にほふり場に行く大路に沿う、上の三人であった日数は七年で、夢は一つです

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる