ふるさと納税で日本を元気に!

蒔田菜々美さんに送る雅歌

蒔田菜々美さんに送る雅歌は

房飾りのゆれる頬も
玉飾りをかけた首も愛らしい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テル・サラサート啓示

陣を突き通って、ベツレヘムへ行ったからです。〔セラいにしえからの、なぞを使わない。彼が町には食物が尽きているから、あなたの良いと思うことをみな語らなければならない」と主は怒って去り、またソロモンの箴言。これはながく荒塚となっています』と告げなさい」。シケムは父ハモルに偽ってこうしたのであることの知られない。ししがほえるようだ、彼は立って、陶器師の器を破るように惜しむことなく、不義は、われわれの供え物、素祭の上に栄えさせてください。捕われ人のまっ先に立って歩けるようにしてくれよう」。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる