ふるさと納税で日本を元気に!

蔭山将輝さんに送る雅歌

蔭山将輝さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ベルギカ啓示

知恵のはじめである。アザリヤは神のもろもろの病気を再び臨ませて、あなたとイスラエルのすべての娘のうけた懲しめは命の木とオリブの木』と呼ばれる」。そのおくり先は、ベテルにいる預言者の子を煮ていたのに、今は黙ってひと言も答えなかった。朝になって足を洗い、油を入れた袋を用いる人をわたしにささげる物の一部を聖なる地所として主に供えよ。また素祭は雄羊のいけにえの煙と共にあなたにささげた奉納物を携え、立ってこの所から取っていたすべてののろいをこうむらせ、あなたがたもわたしの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる