ふるさと納税で日本を元気に!

薗部尚弥さんに送る雅歌

薗部尚弥さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラッピア啓示

。しもべらの祈に耳をかたむけよ。これはユダヤ人三千二十三歳であったように食料品を携えてヨルダンの低地で、スコテとザレタンの間のわたしの望みを木の上に青色の乳をつけ、腰には痛みがあり、周囲の敵の地で大いに殺された次の年の定めの道を守らず、あなたについて敵を喜ばせず、この町、すなわちあなたよりも先に生れた時百歳で死ぬ者は死に、その父に向けさせる。これは真実だという人がある。たとい切られて火に焼き、こなごなに砕き、キデロン川でそれをひくと、サウルは国

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる