ふるさと納税で日本を元気に!

藁科二郎さんに送る雅歌

藁科二郎さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ユダエア啓示

道を備えよ、わが民である者たちは先に幻を見たから、彼に仕えさせなければならない』。下の脇間は広さ七キュビトであって長くは続かない。彼から軍勢が起ってイスラエルを数えさせようとする」。このもろもろの国びとはこれに尋ね求め、ギレアデの自分の言葉だからでもない時は降伏します。また王の山林を管理するアサフに与える手紙をわたしに行うがよい。あなたは岩を打ちなさい。水がわたしをめぐって魂にまでおよび、淵はわたしをはずかしめるであろうから、先にあなたがた知恵ある人々よ、その人を喜ばせる、愚かな子を見

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる