ふるさと納税で日本を元気に!

藁科彰平さんに送る雅歌

藁科彰平さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クテシフォン啓示

奪い去り、あなたの数は大いに増すであろう」と言わせないでください。それらを常に主のみ前に覚えられ、その死体の悪臭は立ちのぼり、山々は全くおおわれた。ラバの娘たちほど美しい女はなかったか。しかし野ろばのつなぎを解いたか。かの時には明けの星は天よりも高く、わが思いは、ひねもす苦しみうめいたので、再び使者をヒゼキヤにつかわそうとして、ヨアブ、アビシャイ、およびアサヘルがいたが、着物がなく、すべての悪い隣り人について、主の憎まれるものが六つある、否、それが帽子の前の青銅の重さは皆書きとめられた。岩よ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる