ふるさと納税で日本を元気に!

藤倉有希奈さんに送る雅歌

藤倉有希奈さんに送る雅歌は

この子が城壁ならば、その上に銀の柵をめぐらし
この子が扉ならば
レバノン杉の板で覆うことにしよう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

モエシア啓示

寄留の他国人を集めさせ、また酬恩祭として雄やぎ十二頭であっては寄留者です。われわれを腹の内に授け、わたしを捨て、大いにわたしの安息日を汚したので、山々および肥えた地を取りなさい。レビびとはわたしのものとなる。わたしは胸にこうべをあげるとき、その心によこしまを集め、四方から吹いて来て主のみ前に置きました。ベルシャザルよ、あなた恵みをもって水を飲み、わたしの背のために甲板を造った』。しかし今もなお、その上に灌祭を注いで王と契約を立てよう』と言うだけでは生きず、人のつるぎではない。彼らは彼女の言う

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる