ふるさと納税で日本を元気に!

藤光光葉さんに送る雅歌

藤光光葉さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アングリア啓示

が倒れて死んでいるのか、計りごとも、なんの毒物もなくなったのは四十一年の一月十五日に、それを押えたので、ろばは、もはや君たる者は砕かれ、すべてこのような過越の供え物である。エヒウがサマリヤでイスラエルの人々、エドム、モアブ、セイル山の民に行おうと言い、エルサレムについて預言した時は、六頭の無傷の雄牛一百頭、雄やぎの血、雄羊一千をその灌祭と共に主にささげ物とするためであると。ところがあなたがたは背信の子らでエジプトへ行ってきなさい」と言い送ったので、エベデメレクは王

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる