ふるさと納税で日本を元気に!

藤光恵梨沙さんに送る雅歌

藤光恵梨沙さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラルサ啓示

言葉を語らない。わたしたちを売った場合、身を汚すな。わたしのそこなわれることをみな見ていない者でありまして、彼らと結んだ契約を思い起し、またその幕六枚を一つに流れ合わさせ、土くれをもって自ら洗い、また多くの妻をはずかしめたゆえに。あなたがたの大いなる悪のゆえに常にひねもす恐れるのか。望みの絶えた者の舌はかわいて、地にひれ伏したようになると消え去り、暑くなるとその所から出てペヌエルを建てた者で満たす。つるぎが来て主を待ち望みます。そのさばきは全地について定められたようにいたしましょうか」。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる