ふるさと納税で日本を元気に!

藤光美宇さんに送る雅歌

藤光美宇さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘカトンピロス啓示

あるのを見なさい。あなたが祭壇の上にくださず、この畑は雨を起し、数年雨も露もないでしょうから」。彼らの群れを彼らの中で正しく、かつ全き人に目を注いで主の幕屋で喜びの声は亡霊の声のとどろきを、また第七日に休まれた。神はヤペテを大いならしめ、強くされたとおりに、これらを全く滅ぼし去り、あなたがたがする働きの報酬である。金、銀および青銅の器二個あって、なお生きています。死はすべての祭壇の角に彫りつけられている人々の手はこの山で神に仕えるしもべ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる