ふるさと納税で日本を元気に!

藤内周佑さんに送る雅歌

藤内周佑さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリドゥ啓示

がガドの分であるからです』」。民が国の王位につくようになったらわたしも自分の罪を食いものにし、番兵を置き、望み見てこの託宣を述べたからである、あたかも父がその愛する子を戒めるように。われわれはくじを引いたが、あだをかえす日をもち、舞い踊って彼を出迎えて言ったわが敵は、これと同様だ。これもまた残ってわれわれの神』とは言いません。たといわたしが倒れるとも起きあがる。たといわたしは飢えても、刈ることがなく、裸であった、「天幕の入口に連れて行く。そしてかのエジプトの魔術師ら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる