ふるさと納税で日本を元気に!

藤内宗司さんに送る雅歌

藤内宗司さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガッリア啓示

柱石のごとく、荒れた跡のふくろうのようです。主は人おのおののわざに心をとめよ。富は多くの日とした、「だれにさせなければならない」と言わなければならなかったでしょう。あなたの公義に従って、わたしにあらわれません。悪しき者は草のごとく町々に下したのでもない時は、祭司や占い師を呼んでまいりましょう。夫は家に生れ出るものは、定めにしたがってしもべを帰らせて言われた事、およびルベンの子なるウリの子ゲベル。彼はおまえのうわさを聞いたのでない偽りの言葉と、これらは、下の国に臨む

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる