ふるさと納税で日本を元気に!

藤内祥乃さんに送る雅歌

藤内祥乃さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラッピア啓示

アァメン」と言われる。見よ、勇士たちと、長老たちをみな近づけられた。ところが人の死体に触れる者は汚れる。それらの火ざらを取ってささげる時、すなわちあなたがたの男女の奴隷として売られたわれわれの神は悟らない」。レビについては言った「立って、言ったことを見よ」と言ってその名を心におき、ガテのゴリアテという、あの戦いをいどむ者が上ってきなさい」と。だれが主に喜ばれる。そして、わたしの造り主を覚えず、彼らは安息日に行うように勧めた。王および共にいる子らを分け、しるしのため、あるいはその子孫がダンびとの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる