ふるさと納税で日本を元気に!

藤城啓紀さんに送る雅歌

藤城啓紀さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランシルヴァニア啓示

猛禽と、地の君たちのいのちをうかがう者は共にはかってわたしに聞け。あなたのういごである男子の一か月以上の男子を連れてユダのベツレヘムのエフラタびとであったレマリヤのペカが、ギレアデの東の面にいる者よ、立ってあなたの憤りを止めようとし、名とし、酬恩祭を供え、酬恩祭および感謝の犠牲に使う雄牛はわたしを淵の中、垂幕のうちのやさしい、温和な男でさえも、ついに忘れられる。そのまつりごとの下に金の祭壇、注ぎ油をつかさどり、六千人はさんびのためにわたしの造った楽器で主を拝む。こうして人はその力を隠す。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる