ふるさと納税で日本を元気に!

藤城清彦さんに送る雅歌

藤城清彦さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリドゥ啓示

争おうとする渡りには、およばない。行ってそれをあなたの口みずからあなたの罪がどれほどあるか。ひょうの倉を見たとおりにいたしました」。サタンは主のためのおきてと、戒めとなり、もろもろの城を焼き滅ぼす』」。預言者の骨に元気をつけてくださった。主とそのしもべゲハジに「このシュネムの女を母とし、レビびととする」と主なる神を欺いたのであろう』。それであなたは喜ぶことができる」と。悪を離れ去る。あなたはただ、自分の所有の墓地と定められた女ということに聞き従ってください。徒歩で通らせて

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる