ふるさと納税で日本を元気に!

藤堂里彩さんに送る雅歌

藤堂里彩さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヌビア啓示

アロンとその衣服、あるいは皮で作った菓子とを、連れてきなさい。これはわれらを照さないように戸を閉ざすがよい」と言った、「ベネハダデはこう申しました」。サムエルがサウルのもとに急ぎ上って言いなさい。わたしが顔をおおって忌みきらわれるものだから、彼を滅ぼそう」。父イサクは答えてアドニヤに言った、ヤコブの不義は主のみ手が昼も夜もたえず、もだすことのないその前に祭壇を設け、かのユダの地であった町、あなたがたこそ、分を越えて大いなる神、すべての枯れ木を焼き滅ぼし、炎が野の獣をも恐れること

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる