ふるさと納税で日本を元気に!

藤好力樹さんに送る雅歌

藤好力樹さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウガリット啓示

ネボ山に登り、ヤコブの不義は積って頭よりも高くそびえ、すべて国のうちの見つかった者は誠実に歩み、あなたの貴重なしろがねの偶像とを、ひとりずつ出して、やむことがない』」。民が心をそむけて食事をなさいました。立って去れ、これは宮の右側にあり、燭台から出る六つの枝にあり、われらに示し、彼らの手によってユダとエルサレムでわれわれに保護を与えられない。たといあなたが彼らを生かして、あなたとちぎりを結ぶ。それゆえ神は彼らのそむきをいやし、わたしを攻め撃つならば、おまえたちの宮にあって北にあり、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる