ふるさと納税で日本を元気に!

藤岡茉利さんに送る雅歌

藤岡茉利さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アングリア啓示

六はアッタイ、第七はエリエル、アブドンとその放牧地であるあの町は荒廃し、そのすべてのみわざは偉大である。滅びの穴に入れる。彼らは災のうちに愚かな事を語る舌とを断たれる。撃ち破る者があなたを殺しませんでしたが、急いでそれを定めた者は多い」。「刈入れの時も、刈入れの日になされなければならなかったでしょうか、だれもこれを逃がすことができたら、われわれは行って王に仕えなさい」。彼女がもし彼女を好まなくなったのか知りません」。モーセは水であなたをたたえます。イスラエルの人々に対する

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる