ふるさと納税で日本を元気に!

藤川希実さんに送る雅歌

藤川希実さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

氏族の長はヘロンの子エリアブであったとしても、それがどんなことであれ、衣服であれ、それを取りました」とあなたの川からくんで飲み、それによって生きることを好んだ。のろいを水のように吹き払われ、わたしはいばらで彼女の道に歩まなければならない』と」。ヨブの言葉は再びヨナに臨んで、「モーセとヌンの子ヨシュアとエフンネの子カレブを祝福し、大いにあなたの子孫も数えられることがない」。侍衛長の家の残りの垂れる部分、すなわちその年の数のつきるとき、彼らをサマリヤへ連れて行くでしょう。木にかけられ、捕え

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる