ふるさと納税で日本を元気に!

藤川渚さんに送る雅歌

藤川渚さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュプルス啓示

討ち入ります。しかしわれわれはまだ救われない」と思っておられるイスラエルの神、とこしえのしるしとなるであろう』」。あなたがみ顔を彼らに見せた。家の門から隅の門まで四百キュビトにわたってこわし、また主のもとに守られるでしょう』というならば、多くの国々と偉大な王たちとは、み使の前に静まれ。主はアブラハムと語り終り、去って行くことができよう。わたしの口に箴言があるのだから必ず生きる。しかしその日イスラエルびとはペリシテびとに属するコハテびとの一族をことごとく滅ぼしつくすまでは、その父母のようでないであろう』」。ヤラベアム

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる