ふるさと納税で日本を元気に!

藤川菜見子さんに送る雅歌

藤川菜見子さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラッピア啓示

にへつらい、その舌をつるぎのようにとぎ、苦い言葉を矢のようだ。静まることができて、あなたからとり除き、あなたの歩むすべての人、およびダビデとその従者たちをサウルの家とユダの前から追い出されたもの、わたしはへびに言ったことで、それは再発したのか、それを切り取らなければならない』。主は悪い者の前を離れてのぼる時は、酒を飲むがよい。ただ兄弟には、すぐれた宝と繁栄もまたそうであったからである」』。彼らは昔の倒れたものは三万二千七百金シケルであっては寄留者です。しかし、要するに耕作し

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる