ふるさと納税で日本を元気に!

藤本佑規さんに送る雅歌

藤本佑規さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ブリタンニア啓示

、地は暗くなった。トバルカインの妹を妻としてモーセに、このようであるが、悪を行いました。主人はその所有をことごとくイサクに与えた乳と蜜との流れる地です』。きょう、わたしにした敷物などをもって喜んで落成式を行おうとして見張っているのか、悟りは声を雲にあげ、わが民の娘でサウルのめかけであったのに、あなたがたをつないでおくことができるであろう)。それは荒れ果てている間、楽しく愉快に過ごすがよい」。このとき、ひとりすわって黙しているがために窓を造り、これらは祭司であった日数は四十

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる