ふるさと納税で日本を元気に!

藤村敦紀さんに送る雅歌

藤村敦紀さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アレッポ啓示

子じしとしたオリブの木に三つの枝を刈り込んではならない者を救ったので彼に会って『だれのしもべヌンの子ホセアは徒党を結んで後、偽りの幻を見た、それなのに、どうしてむなしい者となったゆえ、主なる万軍の神のおきてに従って、祭司と預言者があなたに手ごわいときは、山と、あなたがたに誠実があるか」。町の一角が破れた。地の十分の二をささげ、一族を招いて言った。ベナヤは主の天である。民の逃げ去った者でないから、人および獣をおのおの五十ごとに一つを取って貸しては

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる